BTO PC PC-take.com PAGETOP

Antec ThreeHundred

Antec ThreeHundredの配線写真です。PC-takeは配線にちょっとしたこだわりがあるんです。

パソコンの仕上がりは構成で全て決まると言って過言ではない!マザー、電源、ケースが三大要素だろう。これは間違いない!!そこで日々配線画像や仕上がりが気になる自作erやBTOユーザーの皆さん私の組み込み画像をとくとご覧あれっ!
過度な期待は禁物

本日の食材はこいつらだ!
ケース:Antec ThreeHundred
電源:Seasonic SS-650HT
マザーボード:ASUS P5Q DELUXE

組み込み難易度60ってところだろうか?で、仕上がりはこんな感じ。
こいつはどうしようもなかったが非常に心残りはフロントオーディオケーブル・・
ご覧の通りメモリの横を通りグラボの裏を掻い潜り目的地にIN。。
Antec ThreeHundredケースを選択した場合はGIGAのマザーかサウンドカードの導入
これが配線位置的な相性がいいのかも知れない。

どうです?カオスですか?それともステキですか?
店長満足度は80くらいかな~?
-20のポイントはズバリ!オーディオケーブルですね。

[ 更新:2009-06-02 ]

その他の記事

記事のインデックスに戻る

チップス
PC-takeトップページ Core i7構成 LGA1155 AMD CPU構成 Twitter PC-take店長のブログ