BTO PC PC-take.com PAGETOP

メモリの空きを有効活用!RAMDISK(ラムディスク)

超高速な処理を実現するパソコンの裏技RAMDISK(ラムディスク)について。

弊社でもオプションサービスさせていただいているRAMDISK。ご存じの方も多数おられるかと思います。
反対に「RAMDISKって何??」といった方もまだまだ非常に多くおられる事かと思います。

そこで、分かりやすく「RAMDISKとは?」をご理解いたければと思い簡単に説明させていただきます。

メモリは3GBまでしか認識されない

現在主流の32BitOSでは3~3.2GBほどしかメインメモリを認識出来ずに、4GBメモリを搭載しても実際は3GBしか使用しておりません。

メモリを3GBピッタリで搭載すればいいのか

現在の一般的な規格ですと512MB/1GB/2GBが各メモリ1枚の容量ですので3GBの構成ですと512MBが2枚と1GBが2枚で合計3GBになります。そうすると2GBの2枚セットのメモリを買った方が値段もほとんど変わらないし相性問題も半分で済むから断然お得になっちゃうんですね!

メモリが1GB分、無駄になるだろ

そこで登場「RAMDISK」なのです!
RAMDISKとは特殊なソフトを使用する事によってOSが認識していない部分のメモリを有効活用できるのです。

ハードディスクの50倍の速さ!

単純計算で一般的なハードディスクの50倍ものスピードでファイルの読み書きができるのです。Sequentialでは驚異の約51倍!でもSequentialはあてにならないよ・・・Randomじゃなきゃ・・・というあなた!Random Read 4KBでは何と驚愕の約133倍!!!とにかく速いんです!3Dゲームや大きなファイルサイズのデータを扱う作業の場合、ファイルの読み込みスピードが処理速度を大きく左右するため、かなりの高速化が見込めるのですっ!

これでもうRAMDISKの事は分かっていただけましたよね!

[ 更新:2009-03-06 ]

その他の記事

記事のインデックスに戻る

チップス
PC-takeトップページ Core i7構成 LGA1155 AMD CPU構成 Twitter PC-take店長のブログ