BTO PC PC-take.com PAGETOP

CoolerMaster Sileo500

CoolerMaster Sileo500の配線写真です。PC-takeは配線にちょっとしたこだわりがあるんです。

パソコンの仕上がりは構成で全て決まると言って過言ではない!マザー、電源、ケースが三大要素だろう。これは間違いない!!そこで日々配線画像や仕上がりが気になる自作erやBTOユーザーの皆さん私の組み込み画像をとくとご覧あれっ!
過度な期待は禁物

本日の食材はこいつらだ!
ケース:CoolerMaster Sileo500
電源:CORSAIR CMPSU-650HXJP
マザーボード:ASUS P6T

組み込み難易度80ってところだろうか?で、仕上がりはこんな感じ。
どうだろうか?このまるでワンオフのような仕上がり感は!
特に注目してみてほしいのはマザー側SATA出口とケース裏配線入り口部分の位置関係
P6T+Sileo500以外では成し得ない形なのだ!
これぞ正に構成が齎した賜物としか言いようがないですね。
HDDが3つになると配線がどうしようもなくなってしまう弱点も発見してしまったが
このケースは今後注目ですぜ!

どうです?カオスですか?それともステキですか?
店長満足度は95くらいかな~?
-5のポイントは・・・リアファンの配線っすかね(笑

[ 更新:2010-02-08 ]

その他の記事

記事のインデックスに戻る

チップス
PC-takeトップページ Core i7構成 LGA1155 AMD CPU構成 Twitter PC-take店長のブログ